Top >  美肌作りの生活 >  ホルモン辞典~女性のからだとホルモンの働き~

↓え!?美顔器が【980円】【たった5分で】シミ・たるみのない小顔に!? ↓


医療レベルの浸透技術を、初めてコスメに応用したアメリカ生まれの基礎化粧品b.glen
↓シワが消えた!シミが薄くなった!クスミがとれて顔色が明るくなった!↓ スキンケア

ホルモン辞典~女性のからだとホルモンの働き~

甲状腺ホルモン~運動能力・やる気・トキメキを司る

30歳~40歳もさかいに低下し、その影響で疲れやすくなります。甲状腺ホルモンは体内のほかのホルモンやシステムとバランスを保とうとする機能を持つため、全てのホルモンとのバランスを心がけないと崩れてしまう。(他の人の痛みを補うマリア様のようなホルモン)

成長ホルモン~肌のツヤ、ハリ・脂肪のコントロール・健康なからだを司る

熟睡中に脳の下垂体から分泌されるホルモン。健康な肌と丈夫な骨を作り、エネルギーレベルや性的な能力を高めます。また、免疫力を高め心臓強化や記憶力向上など多くの働きを持つ。
分泌量が減ると、体脂肪の増加や筋肉量の減少、新陳代謝の悪化による皮膚の疾患などがみられる。(身体の組織形成に多いに貢献するホルモン)

メラトニン~人間の3大欲求の1つ、眠りを司る

睡眠と目覚めの周期をコントロールし、体内時計の役割を果たします。40歳位を過ぎると夜中に目が覚めたり、寝つきが悪くなるなどの、眠りの質が低下するのは、このホルモンの分泌量が減るため。
また、効酸化作用や免疫力を高める効果がある。

DHEA~想像力・幸福感・運動能力を司る

DHEA(デヒドロエピアンドロステロン)は体内50種類以上のホルモンの源。
健康維持や脂肪燃焼による筋肉の維持、性ホルモンの安定、老化防止、ミネラルバランスの調整など大切な働きをします。また、免疫力を高めたり、ストレスに強くなる効力があります。(強くて頼りがいのあるホルモンのリーダー格)

女性ホルモン~肌のコンディション、女性の心とからだ全体を司る

女性ホルモンには、女性の魅力に関係する「卵性ホルモン」というエストロゲンと、妊娠の際に大切な「黄体ホルモン」とよばれるポロゲステロンの2種類があります。
加齢とともに低下すると、肌のハリや透明感、性的欲求、機能も低下。更年期障害や骨粗しょう症にも影響します。(乙女ホルモン)

男性ホルモン~筋肉や血、脳や心臓を司る

男性ホルモン、テストステロンも男性に比べると少量ですが、女性のからだに存在します。
女性ホルモン同様に更年期以降、急激に低下し、それが筋肉の衰えや、体脂肪の増加につながります。又、脳と心臓の機能を最適に保つ働きも備えるとされ、意欲低下や、うつにも影響します。

↓え!?美顔器が【980円】【たった5分で】シミ・たるみのない小顔に!? ↓


医療レベルの浸透技術を、初めてコスメに応用したアメリカ生まれの基礎化粧品b.glen
↓シワが消えた!シミが薄くなった!クスミがとれて顔色が明るくなった! ↓ スキンケア

このカテゴリーでは以下の事について解説させて頂きます。