Top >  美肌を目指すなら正しく美味しい食生活 >  ちょっとした工夫・美人の生活~食生活編~

↓え!?美顔器が【980円】【たった5分で】シミ・たるみのない小顔に!? ↓


医療レベルの浸透技術を、初めてコスメに応用したアメリカ生まれの基礎化粧品b.glen
↓シワが消えた!シミが薄くなった!クスミがとれて顔色が明るくなった!↓ スキンケア

ちょっとした工夫・美人の生活~食生活編~

野菜は自分で調理、小分けして冷凍保存

きれいな肌の人は、緑黄色野菜を1日の食事に必ずバランス良く取り入れていますね。
美しい肌を保つには、「1日に緑黄色野菜100グラム、淡色野菜200グラム」を必要とします。そして、出来れば温野菜で食べる事です。
コンビニ惣菜には保存のために添加物も多く含まれていたり、時間がたってビタミンが壊れてしまう食材も多くありますので、やはり、自炊が一番です。
ひとり暮らしでも、まとめて茹でて小分けに冷凍保存しておけば、毎日ちょっとずつビタミンを自然なかたちで補給できます。女優さんや芸能人の方でも、まめに冷凍保存食を活用している話しを聞きます。又、野菜たっぷりのミネストローネやスープをたくさん作って、小分けに保存しておくのもおすすめです。

野菜+肉か魚が揃う食事を心掛ける

女性に不足しがちな栄養素にもう1つ、タンパク質があります。
肉は太るイメージがありますが、肌を生み出すもとになるため、1日150グラム位は食べる必要があります。カロリーが気になる人は鶏のささみや豚のもも肉、白身魚がおすすめの高タンパク低カロリー食品です。

仕事場近くで、お気に入りの自然食レストランをみつける

仕事は日常生活において切り離せない要素。おのずと外食を増えてしまいます。
そこで、おすすめなのが、お気に入り自然食・オーガニックレストランを1~2件おさえておく事。仕事も休めないし、からだは疲れてる…なんて時にも体調管理がしやすくなります。→(おすすめのマクロビオティック・自然食レストラン)

便秘がちなら玄米を取り入れる

毎日食べるご飯は、便秘にも効果的な玄米がおすすめ。
便秘は、美肌にとって必要なビタミンB群の合成を妨げるだけでなく、代謝全体を停滞させてしまい、からだに良い事はありません。
又、玄米にはビタミンB群、鉄分、ミネラルの他に水溶性と不溶性の食物繊維がバランス良く含まれています。
日本人は古来から、きめ細かい肌を持つ民族です。欧米人よりも肌老化が遅いとも言われています。
ごはん・味噌汁・焼き魚・おひたし・・・結局は昔なじみの日本人的な食事がお肌にとても良いのです。

↓え!?美顔器が【980円】【たった5分で】シミ・たるみのない小顔に!? ↓


医療レベルの浸透技術を、初めてコスメに応用したアメリカ生まれの基礎化粧品b.glen
↓シワが消えた!シミが薄くなった!クスミがとれて顔色が明るくなった! ↓ スキンケア

このカテゴリーでは以下の事について解説させて頂きます。