Top >  美肌・美白のための基礎化粧品 >  ファンデーション

↓え!?美顔器が【980円】【たった5分で】シミ・たるみのない小顔に!? ↓


医療レベルの浸透技術を、初めてコスメに応用したアメリカ生まれの基礎化粧品b.glen
↓シワが消えた!シミが薄くなった!クスミがとれて顔色が明るくなった!↓ スキンケア

ファンデーション

ファンデーションには主に2タイプあります。
自分の肌質や好みに合わせて選びますが、私の場合はその日の状況やTPOに合わせて組み合わせて使います。
・リキッドファンデーション
・パウダーファンデーション

崩れにくい陶器のような肌メイク

  化粧崩れしにくい、長時間のお出かけでもキレイが持続するファンデーション選びなら、断然リキッド使いです。 しかも、リキッドファンデーションでも、練りが強く粘度の高いものが有効です。

ニキビ・吹き出物が気になる人のファンデーション選び

  お肌全面にリキッドファンデーションなどで膜を張ってしまうと、ターンオーバーがうまくいかずに吹き出物が出やすくなります。 肌もベタつきやすいので、皮脂が多いタイプには化粧崩れの原因となります。 その点、粉状のパウダーファンデーションは、乳化剤・防腐剤などあまり入れずに、粉が余分な皮脂をとってくれるので、美しいスベスベ肌を目指せます。

・商品力を確かめて「べたつかない」「ニキビ用」リキッドファンデーションを選ぶ。
・パウダーファンデーション+コンシーラーのW使い。

パウダーファンデーションはリキッドファンデーションに比べて、カバー力が劣るため、シミやソバカスなどが気になる人はどうしてもパウダーでは満足できません。
これを改善するためにはカバー力の高いコンシーラーを部分的に使ってシミを隠す事で解消されます。

乾燥肌や小ジワが気になる人のファンデーション選び

  個人的な意見ですが、ファンデーションで隠せるのはシミやくすみ、クマなどだと思います。 正直に言うと、シワは難しい・・。 シワは溝(みぞ)になってしまっているものですから。 誤字は修正液で消せるけど、シワを埋める事は至難の業ですよね。 それでも出来てしまったものは仕方がありません。。。善処するのみ! じゃあどうすればいい?! 出来てしまったシワはお化粧で隠せないけれど、 スキンケアの段階で気をつけてケアしていれば、乾燥を防ぐのでハリも出てきます。 シワは内側から底上げするべし!です。

1:最初の保湿ケアでお肌に水分をしっかり入れてから、
2:肌に優しいリキッドファンデか、クリームタイプファンデーションでカバー。
3:ファンデーションでヨレない工夫→小じわ周辺は粉状ファンデーションを避けてのせる

ファンデーションは帰宅したらすぐに落とそう

  ファンデーションは長時間、肌の上にのせていると皮脂分泌が増加するので気をつけましょう。 次第に過酸化脂質になり肌荒れの原因となってしまいます。

↓え!?美顔器が【980円】【たった5分で】シミ・たるみのない小顔に!? ↓


医療レベルの浸透技術を、初めてコスメに応用したアメリカ生まれの基礎化粧品b.glen
↓シワが消えた!シミが薄くなった!クスミがとれて顔色が明るくなった! ↓ スキンケア

このカテゴリーでは以下の事について解説させて頂きます。