Top >  乾燥肌の悩み >  乾燥肌の原因

↓え!?美顔器が【980円】【たった5分で】シミ・たるみのない小顔に!? ↓


医療レベルの浸透技術を、初めてコスメに応用したアメリカ生まれの基礎化粧品b.glen
↓シワが消えた!シミが薄くなった!クスミがとれて顔色が明るくなった!↓ スキンケア

乾燥肌の原因

28日ターンオーバーの法則を守っていない

健康な角質層は約30%の水分保持力があり、30%以下の数値となると乾燥肌と診断します。
新陳代謝や細胞の成長が正常なサイクルで行われると、肌は30%の湿度を保った強いお肌でいられるのです。

しかし、肌に悪い環境での生活や、スキンケアを怠ると正しい新陳代謝が行われず、良い細胞が生まれなくなる事もあります。
皮膚への刺激が多くなると、痛んだ角質細胞を補うために28日周期でつくられるはずの新しい細胞を無理やり作り出すことになります。

そうすると、まだ成長していない未熟な細胞が表面の角質を覆い、肌のメカニズムも狂ってしまうのです。
その場しのぎで肌を可愛がっていても、その肌は長生きできないのです。
毎日の積み重ねで良い細胞は毎日作られています。

潤いを作ることが出来ない

保湿成分をつくる力が不足すると肌は乾燥するのです。
人間の肌には保湿成分があり、それがきちんと働いていれば湿度0%でも水分が蒸発することはありません。

気温が下がる

冷たい外気が肌の新陳代謝を低下させます。冬場の乾燥が特にひどいのもそのせいです。
ターンオーバーできない肌は皮膚表面の角質層がどんどん排出できずに硬くなってしまいます。

空気が乾燥すると肌も乾燥肌に

空気中の湿度が30%以下になると角質層から水分が蒸発しやすくなります。
肌の角質にある保湿成分が不足している状態。

紫外線の浴び過ぎ

干し魚がどうやって作られるかご存知ですか?
太陽の下、長時間さらしているだけで魚の水分が蒸発してうまみの残った干物が出来上がります。
人間の肌も長時間紫外線下にいると、いくら保持力のある角質層を持っていても、水分が蒸発します。そして角質層より下にあるメラノサイトを刺激してシミを作り出してしまいます。

潤いスキンケアの勘違い

① 乳液・クリームで安心は×
カサカサしているから慌ててクリームや乳液をペタペタ。
しっとりしているように感じても洗顔した自分の素肌は変わらずドライなままのはず。
なぜなら乾燥肌とは水分不足の事だから。
水分不足の肌に油分だけ与えても乾燥はいっこうになおりません。

② 洗顔しないままの水分補給はNG
オフィスや飛行機の中で、肌が燥したから化粧水をシュッ…
じわじわと浸み込むように化粧水をパッティング…
しかし、皮脂や化粧の残った表皮はきれいな化粧水が十分に浸み込んでくれないのです。

③ 正しい水分補給はこんな感じ
Step1 肌がゴワゴワ!乾燥してる!
Step2 保湿しなきゃ!
Step3 水分で潤い与えて・・
Step4 あれ??水分がお肌に浸透しないなぁ~
Step5 そうだお化粧落としてからだ!
Step6 洗顔でいらない角質落として・・
Step7 きれいな肌に再度水分投入!
Step8 たっぷり潤い入ったら、乳液・クリームでフタをしてガード!
Step9 Finish!

↓え!?美顔器が【980円】【たった5分で】シミ・たるみのない小顔に!? ↓


医療レベルの浸透技術を、初めてコスメに応用したアメリカ生まれの基礎化粧品b.glen
↓シワが消えた!シミが薄くなった!クスミがとれて顔色が明るくなった! ↓ スキンケア

このカテゴリーでは以下の事について解説させて頂きます。