Top >  乾燥肌の悩み >  乾燥肌~基本の保湿プラン

↓え!?美顔器が【980円】【たった5分で】シミ・たるみのない小顔に!? ↓


医療レベルの浸透技術を、初めてコスメに応用したアメリカ生まれの基礎化粧品b.glen
↓シワが消えた!シミが薄くなった!クスミがとれて顔色が明るくなった!↓ スキンケア

乾燥肌~基本の保湿プラン

肌に良い生活習慣

スキンケアの第一目的は角質層を健康な状態に保ち、皮膚のバリア機能を高める事。
28日周期のターンオーバーを正常に行い、自分にとってベストな細胞を一つ一つ作り出して丈夫な皮膚を作りましょう。そのためには肌に良い生活を習慣化することです。

セラミドづくり

セラミドをつくるにはどうすればよいか?
セラミドはターンオーバーとともに作られるのでターンオーバーの低下に伴ってセラミドも減ります。肌の代謝を高めるスキンケアと、日頃の生活にも運動や入浴などで効率よく新陳代謝を取り入れましょう。
飲むセラミドは滅多に効かない!
セラミドを含んだサプリメントは小麦・大豆・米・魚などからつくられています。
これらのものは私達が日頃欠かさずに食べているものであり、わざわざサプリメントからとるまでもないのです。肌にセラミドが不足していたとしても身体の内側から摂取して効果があるほどのものではないという事になります。

保湿スキンケアの工夫

ビタミン化粧水+保湿美容液+保湿乳液+クリーム

①サラサラから順に、トロミのある化粧品を使う
今や基本のキの字ですね。
基礎化粧品はどんな成分からお肌に浸透していくのか、むずかしくて考えたくない人でも、大抵、サラサラとしたテクスチャーのものからつけていけば正しいと言われています。確かに、クリームをつけてから化粧水を塗ってもお肌には浸み込みませんよね。

②肌への効果が確かなビタミンC配合化粧水を選ぶ
セラミドやヒアルロン酸などは保湿成分の高いものですが、水に溶け込みません。
ですから、化粧水として製品化するのは難しいものです。最近はナノテクノロジーの技術を利用した(P を参照)効果の高い化粧水も出てきましたが、まだまだ一般的には高価といえます。
その点、ビタミンC誘導体はクリームなどよりも水に配合した方が安定性のよい成分なので化粧水には、ビタミンCやその他の水溶性の美肌成分を配合したものを使った方がお肌には効果的というわけです。化粧水でビタミン補給したあとに、美容液や乳液・クリームでセラミドやヒアルロン酸配合のものを使うのがベストです。

③乾く肌には保湿成分を補う
水分を補うだけではなく肌が水分をつくる力を身につける事がカギ。
水分補給で角質層にあるセラミドやNMFの生成を促したら、肌の水分保持力を高めるケアが必要です。代表的な保湿成分にはヒアルロン酸やセラミドがありますが、化粧水よりも美容液や乳液に配合されているものが多いです。

④潤いを1日中キープする工夫
朝のお手入れに、その日の行動パターンにあわせた保湿アイテムを組み込みます。
例えば・・・

たくさん太陽を浴びる日→ 基本保湿ケア+日焼け止めで肌が荒らさない為の下地クリーム・ゲル+日焼け止め

乾燥した部屋でのオフィスワーク→ 基本保湿ケア+特別乾燥に強いクリーム

↓え!?美顔器が【980円】【たった5分で】シミ・たるみのない小顔に!? ↓


医療レベルの浸透技術を、初めてコスメに応用したアメリカ生まれの基礎化粧品b.glen
↓シワが消えた!シミが薄くなった!クスミがとれて顔色が明るくなった! ↓ スキンケア

このカテゴリーでは以下の事について解説させて頂きます。