Top >  ニキビの悩み >  ニキビ~基本のスキンケアプラン

↓え!?美顔器が【980円】【たった5分で】シミ・たるみのない小顔に!? ↓


医療レベルの浸透技術を、初めてコスメに応用したアメリカ生まれの基礎化粧品b.glen
↓シワが消えた!シミが薄くなった!クスミがとれて顔色が明るくなった!↓ スキンケア

ニキビ~基本のスキンケアプラン

【ニキビの基本スキンケアプラン】

洗顔+清潔なタオル+化粧水+ニキビ予防美容液・乳液+ニキビケアアイテム 

洗顔・クレンジング 自分にあった方法を

洗い過ぎがニキビをつくります。
皮脂過剰だと思い、一日に何度も洗顔したり、リキッドファンデーションやウォータープルーフ日焼け止めなどの濃いメイクでもないのに、クレンジングをしていませんか?
それが肌にとっては悪影響な場合もあります。

皮脂は洗顔だけで取れるものではないし、無駄な洗顔は肌の上にある「うるおい成分」ばかり取ってしまいます。
そして十分な保湿もしないでいると、乾燥した肌になってしまうのです。
乾燥すると、角質や皮脂がうまく排出されずに、ニキビの出来やすい肌へとかわっていきます。

クレンジングは基本的に肌にやさしいクリームタイプをチョイスして。
オイルクレンジングは濃いメークをした時にだけ、時々利用する程度に制限。
洗顔はニキビ用のさっぱりタイプの石けん・フォームで、泡でしっかり洗顔。
スクラブタイプはニキビがすでに出来てしまっている肌には危険です。

かけっぱなしのタオルは、バイ菌の温床!

洗顔時のタオル・・・毎日、毎回、清潔なタオルを使っていますか?

洗面所の手拭きタオルで顔まで拭いてしまうあなたは、ニキビに悩む資格なし。
一度でも使用して濡れたタオルは、ゆっくりと乾きます。
このゆーっくり乾く間に、雑菌はどんどん繁殖を繰り返し、大変な布に変化します!
特にニキビで悩む人とって、雑菌は大敵のはず。
普通の人より気を使ってタオルは清潔なものを使いましょう。

ビタミンC誘導体化粧水はオールマイティー使えるニキビの強い味方

ニキビに悩む人にとってもビタミンC配合化粧水は効果を発揮します。
皮脂を抑えて、にきび予防効果・出来てしまったニキビ痕をうすくする作用もあります。
皮膚科病院が独自に作っているドクターズコスメにも、一番多く使用されている成分がビタミンCです。
皮膚科の化粧品は色々な視点からみても、優れていますが、もしも、病院まで行きたくない人・手軽にすませたい人は、ドラッグストアや化粧品店で販売されているビタミンC配合化粧水を選べば良いと思います。
劣悪なビタミンC成分など、もはや日本国内では存在しません。
ただし、その他の成分表示をチェックする事もお忘れなく。
また、すでに赤ニキビが出来て炎症している場合はしみて痛くなります。
これが炎症をさらにひどくする場合もありますので、無香料・無着色をチョイスしましょう。

ニキビ予防美容液・乳液

保湿成分というと、油分の含んだ乳液やクリームを想像しがちですが、ニキビ用の保湿とは、水分を保持するための油分を使わない保湿です。

・ニキビ予防に有効な水分保湿
セラミド・ヒアルロン酸などの保湿美容液

本来ニキビには、乳液・クリームがタブー視されています。
だからといって何もしないでいる事は肌全体の新陳代謝に悪い影響をもたらしてしまいます。
ニキビ肌にも当然、保湿が重要。乾燥はニキビへの近道だからです。
しかし、ニキビケアに油分は禁物。アクネ菌の大好物です。
多少の油分は年齢によって必要ですが、基本的には油分を含んだ乳液・クリームは使いません。
ニキビが出来ている時は、乾燥が気になる目もとや、他のかさついた部分にのみ乳液をつけるようにケアします。

出来てしまったニキビをケアするアイテム

皮膚科で出された治療薬・塗り薬以外にも、世間では集中ニキビケアのアイテムがたくさん出揃っています。
自分のニキビ原因や症状をよく見定めて、それにあった効果を発揮してくれるものを選びましょう。
一般的に、ニキビに効果のあるぬり薬は3種類に分けられます。
①抗生物質などの殺菌作用を含むもの・・イオウ・ドクダミ・ビタミンCなど
②角質溶解作用のあるもの・・・イオウ・グリコール酸・フルーツ酸・サリチル酸
③抗炎症作用のあるもの・・・レゾルシン

↓え!?美顔器が【980円】【たった5分で】シミ・たるみのない小顔に!? ↓


医療レベルの浸透技術を、初めてコスメに応用したアメリカ生まれの基礎化粧品b.glen
↓シワが消えた!シミが薄くなった!クスミがとれて顔色が明るくなった! ↓ スキンケア

このカテゴリーでは以下の事について解説させて頂きます。