Top >  たるみの悩み >  たるみ対策~基本のスキンケアプラン

↓え!?美顔器が【980円】【たった5分で】シミ・たるみのない小顔に!? ↓


医療レベルの浸透技術を、初めてコスメに応用したアメリカ生まれの基礎化粧品b.glen
↓シワが消えた!シミが薄くなった!クスミがとれて顔色が明るくなった!↓ スキンケア

たるみ対策~基本のスキンケアプラン

【たるみ対策~基本のスキンケアプラン】
洗顔+保湿化粧水+美容液・保湿乳液+クリーム
 

洗顔 

洗顔は肌の無駄な角質を丁寧に取り除く事で、ターンオーバーを自然にうながす重要な役割があります。
洗顔がしっかり出来ていないと、これからつける化粧水も美容液も効果が半減されてしまいます。
洗顔は丁寧に正しい方法でおこないましょう。

保湿化粧水 

たるみを退治するために必要なスキンケアは水分補給!
水分補給によって潤った肌にはたるみ肌がよりつきません。
たるみを作らせないための最大の予防法は保湿です。
この水分補給と保湿ケアだけでかなり改善されます。
化粧水は「ぐんぐん浸透してる!」と感じられるような、水分補給効果が期待できるものを選びましょう。

美容液・保湿乳液

化粧水でたっぷり水分補給した強い肌には、悩みに適した有効成分を配合した美容液もぐんぐん浸透し、効果をあげます。
タルミに効果があるといわれる有効成分は、しわの有効成分と同様のものです。
レチノール
カロテン
ビタミンB3(ナイアシン)
ビタミンC誘導体
ポリフェノールを含むもの(甘草エキス・オウゴンエキス)
気になる人にはリフトアップ専用美容液がおすすめです。
色々な化粧品カウンターで相談して試してみましょう!

効果を持続させるために、ガードする役割を持つ乳液で、顔全体にまんべんなく保湿させましょう。
優しく手のひら全体を使ってじんわりプッシュ。
これ以上たるみを悪化さないためにも、乳液は大きな役割を持ちます。
特に年齢が高くなるにつれ、乳液による保湿は必要不可欠な作業となります。

クリーム

 

タルミは年齢が高くなるほど、増えてくるものです。
外側で起こる最大の原因・乾燥には人一倍注意しなくてはいけません。
まだ20代ならば、つける必要もありませんが、30代をこえてたるみが気になるようならば、クリームによる重点的な保湿が大切。

乳液であらかじめ保湿しているので、軽度のたるみにはべったりとたくさんつける事はおすすめしません。
大粒パール半分位を、気になる部分から「チョン、チョン」とつけて、最後は全体的になじませます。特に目の周り、口の周りなど、たるみやすい・乾燥しやすい部分には重点的におきましょう。
クリームの種類は何でも結構。
まずはつけるだけでもだいぶん違うからです。
ですから、以上が最低限のたるみスキンケアといえます。
高い商品を買ってお手入れしなくちゃキレイになれないわけではないのです。

油分はどんなに良いものでも酸化してしまいますから、どっちみち、時間がきたら洗い流さないと余計肌に負担がかかってしまいます。
常に清潔な肌を保ち、こまめな水分補給と保湿をするのが一番なのです。

しかし、余裕のある方、もっと効果を出したい方は、ピンポイントで、ハリをアップするアイケアクリームや引き締めて、肌を上げるタイプのリフトクリームなどを使ってみてはいかがでしょう。
それはもちろん、一般的なクリームよりも効果倍増である事は間違いありません。

↓え!?美顔器が【980円】【たった5分で】シミ・たるみのない小顔に!? ↓


医療レベルの浸透技術を、初めてコスメに応用したアメリカ生まれの基礎化粧品b.glen
↓シワが消えた!シミが薄くなった!クスミがとれて顔色が明るくなった! ↓ スキンケア

このカテゴリーでは以下の事について解説させて頂きます。